2009・04
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/04/14 (Tue) 初めてのロボットダンスはボストンで

2日前に筋肉痛になって以来(知らない方はコチラ)、どうも動きがおかしい私。

軽く(超かる~く)掃除をしたり
先輩(シンバさん)のウンコ拾いしたりと
生活に必要な最低限の運動はするものの
全てがぎこちなくスーパースロー。

出来ればいつものようにひきこもっていたかったのですが、
4,5日前からみりんやお酒、ごま油など日本の調味料がなくなってしまっていたので
スーパー88というアジア系スーパーに行くことにしました。

仕事帰りのダンナBとバックベイ駅で待ち合わせ。
5分ほど遅れて駅に着きBにTEL。
するとB,めずらしくもう先に着いていました。
指示された方向を見ると信号をはさんだビルの前の広場のベンチに
座るBを発見。

手を振りながら、今から行くわ~!的なジェスチャーで歩き始めた私。


ここからはジェスチャーでのやりとり。。。


 私「いま信号を渡るわよ~。」

 B「うん、うん。」

 私・B「あ。」

 私「・・ふふ、青信号間に合わなかったわー、You見てたでしょう?私ったらぁ、あはっ。」
     (人差し指2本をBに向けながら。イメージ:ダンディ坂野のゲッツ

 B「ダイジョーブ、ダイジョーブ、ベイビー。落ち着いて!」

 私「サ~ンクス、ダーリン。次で渡るし~

 B「ほら、青だよ。」

 私「オッケー、ほら歩き出したわー、どう?」

 B「Yes,ベイビー。エ~クセレントだよ。。。。。」

 私「。。。(必死)

 B「。。。」

 私「。。。

 
     


      遅っ!!




泳いでも泳いでも岸にたどり着けない夢のようでした。
なんとか赤信号に切り替わる前に渡りきりましたが、

そのぎこちなさは、まるで



 信号をロボットダンスで渡る謎のアジア人。 


この後もボストンの街をロボットダンスで歩きつづけた私。
さすがに疲れました。

Bには、「オバサン。」(おばあさんと呼んだら私が怒るので。)と呼ばれ。。。
こんなことなら週末に車で連れてきてもらえばよかったっスと後悔。


さすがにBも見かねたようで買い物を終えるとタクシーで帰宅。
タクシーを降りる時、先に降りたBが私に手を差し伸べながらまた言いました。



   「オバサ~ン、 タスケテヨー。」 
                          (*タスケテヨの意味についてはコチラ





申し訳ございませんが、

    今の私に大統領は守れません。





人気ブログランキングへ ← 押していただけると体がラクになる気がしますので。。。

スポンサーサイト

出来事 | trackback(0) | comment(6) |


| TOP |

プロフィール

シンタ

Author:シンタ
日米遠距離恋愛を経て2008年秋に結婚・渡米しました。
ひきこもりアラフォー主婦inボストン。
(コンビニのおばさん始めました)
アフリカンアメリカンなダンナB,猫シンバさんとのおバカな毎日やカルチャーショックなどをダラダラ語ります。


← click!
ついでに4649お願いします♪

Amazon検索

インフォメーション

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

マーケット情報

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。