2009・05
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/05/18 (Mon) 終わるまで油断できない花嫁

今週の土曜日に結婚披露パーティをすることにした私達。
先週末はその準備であちこち飛び回りました。
お花、お料理、ケーキの調達などをこなし、一安心だったのですが、
早速トラブル発生。

ブーケやテーブルの飾り花の見積りを日曜日にくれると言っていた花屋から
連絡が来ないのです。
丸一日遅れで今日連絡が来たのですが、確認してみると
使う花や色が若干違っていて、最初の話と違う?!

BがTELで花屋さんと話したのですが、もう見るからにBの雲行きが
怪しくなり始め。。。。

5分後、

 B「他の花屋に行くぞ。」


ああ~、やっぱりですかー


で、仕方なく他の花屋に行ってきました。

買い物によく行くエリアの小さな花屋。
Bと私が店に入ると、先客がいて男性の店員さんが対応中でした。

この店員さん、見るからにソレ系の白人男性。ほっそりした身体にピッタリめの服。
これは。。。と思っていると、先客の対応が終わったカレが声を掛けてきました。


 店ヘイ, ガ~イズ♪ 今日は何をお探し? 」


 やっぱり!


まぎれもないゲイです。

マサチューセッツは同性同士の婚姻が認められているので
男女ともゲイが多いのですが、こうして話す機会はなかなかないものです。
それまでもうグッタリしていた私でしたが、俄然楽しくなりました。

Bがパーティの規模から、欲しいものまで説明していると
そのゲイの店員さん(以下、ゲイ店)はいちいち合いの手を

 「アーハ、ンーフ。 グレ~イト。。。」

と、入れてきます。


ブーケや髪に挿す花について私の意見を聞くと

 「ハニー、それはそれはゴージャスになるに違いないわ~! 」 と大絶賛。


Bが濃い紫の花をさしてコレは?と私に聞いた際、
目で、そんなのイヤにきまってんだろ? あんまり。。。と言っているのを
察知して、

 「ア~ン、カノジョの髪の色にはコレは沈んじゃうわねー。」

とナイスなフォロー。


なにか根拠のない信頼が芽生えかけたその時、
一本のTELが。
ゲイ店はTELを取り、話しはじめると途端にソワソワし始めました。

TELを切り、

 「ミ、ミーティングがこの後あってね。。。」

と、看板を「CLOSE」にし、一瞬外に消え、また戻るゲイ店。
急に現れたお隣の店の黒人の男性がゲイ店の店頭の花を店の中に
しまい始めました。


オイオイ、どーなってんだよ~?!
か弱いから、お隣が手伝う契約にでもなってんのか?


その後もソワソワしながら仮伝票を作るゲイ店。

Bが、明日出直しましょうか?と言うと

 「ノンノンノンノ~ン (お前はフランス人か?)、ダイジョーブよ~ん。」

と、もの凄いスピードでレジ打ち。

 「じゃ、見積もったら明日TELするわ~! 」

伝票をもらってその店を後にしました。




 だ、ダイジョーブなんでしょうか?



でも、もう時間もないのであなたに賭けてみます、ゲイ店。。。




P.S. ゲイ店のセリフの語尾はあくまで日本語に訳した場合のイメージです。

人気ブログランキングへ ← やっぱり今日も祈って下さい。

スポンサーサイト

出来事 | trackback(0) | comment(8) |


| TOP |

プロフィール

シンタ

Author:シンタ
日米遠距離恋愛を経て2008年秋に結婚・渡米しました。
ひきこもりアラフォー主婦inボストン。
(コンビニのおばさん始めました)
アフリカンアメリカンなダンナB,猫シンバさんとのおバカな毎日やカルチャーショックなどをダラダラ語ります。


← click!
ついでに4649お願いします♪

Amazon検索

インフォメーション

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

マーケット情報

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。