2010・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/06/09 (Wed) とりあえず話しかける国民性

今日、バスで隣り合わせた小っさい黒人のおじさんに
声を掛けられました。
とても小さな声で。。。

 「・・・○%×#$@$&。。。」

はぁ?

聞き取れず「何でしょう?」と耳を近づけて
もう一度聞いてみると、


「今日のあなたの服の色合い、いいねぇ。。。スキだなぁ。」

と。






あなたとは今日しか会ったことがありませんが。




約15分の道のり、ずっとひっきりなしに話していました、そのおじさん。
でも残念ながら声が小さすぎて私に話しかけてるのか
独り言なのかよく分からなかったので
打って、打って、休む、休んで、休んで、打つ。。。
くらいの頻度で相づちを打っておきました。


満足ですか?おじさん。


が、

その相づち「休む」の際に私に相づちを打って欲しいポイントが
あったらしく、
おじさん、私の肘をコンコンと突付いてきました。

え?
とおじさんを見ると、おじさんなにやら通路を挟んで
向こう側の座席に座っていたアジア系の女性とその赤ちゃんを
見ながら、

「な?・・・だろ?」みたいなジェスチャー。





・・・同じアジア人ってことだけで?



ええ、その小っさいおじさんには
「ね!だよねぇ~。」バリの笑顔で対応させていただきました。合ってる?



ま、今日のはちょっと変わったおじさんでしたが
アメリカ人は見知らぬ人によく話しかけて来ます。

その典型がウチのダンナB。
女性の身に着けている服や靴を褒めたり、目上の男性の被っていた帽子を
褒めたり。。。
まぁ、しゃべるしゃべる。
で、たいてい話しかけられた人達もノリがよく
すごい会話のキャッチボールが始まるんですよ
なげぇ~んだ、コレが。。。
いいんですけどね。



さて、そんなアメリカ人のダンナBと先日ショッピングセンターの
フードコートで食事をしていると
2~3コ離れた席にいた男性女性(おそらく)が
突然近寄ってBに話しかけてきました。

 女性「ねぇ、あなた見覚えがあるわ~。」

 B「そう?・・・そう言われてみるとそんな気も。。。」

 女性「○○高校?」

 B「いいや、××高。・・あ、じゃあ△大学?」

 女性「いや、違うわー。あの地区のこの辺に住んでた?」

 B「いや、でも友達がそのあたりに。。ラヒームとかレジーとか。」

 女性「知らないわ。。。じゃあ、○クラブに行ってた?」

 B「行ったことないなぁ、あ、シアター関係者?」

 女性「ううん、あまり縁がないわー。でも、なんだろ?
    見たことあると思うんだけど。。。」

 B「ご両親は?ウチは××地区にずっと住んでるけど。」

 女性「ふーん、ウチの両親は州外だから。」

 B「・・・どこでかなぁ。」

 女性「そーねぇ。。。、あ、いとこの△が□の×なんだけど。。。。

 B「う~ん。。。。

 B・女性 あーでもない、こーでもない。。。








 ってか、

あんたたち、
   見ず知らずの赤の他人ですからーーーっ!!!




諦めなさいよ~


その後、会話はしばらく続き、
女性は自己紹介をして帰っていきました。。。。デカい人だったなぁ。女だよな? 




人気ブログランキングへ ← 今日もポチッと4649ねん♪

スポンサーサイト

アメリカだから? | trackback(0) | comment(14) |


| TOP |

プロフィール

シンタ

Author:シンタ
日米遠距離恋愛を経て2008年秋に結婚・渡米しました。
ひきこもりアラフォー主婦inボストン。
(コンビニのおばさん始めました)
アフリカンアメリカンなダンナB,猫シンバさんとのおバカな毎日やカルチャーショックなどをダラダラ語ります。


← click!
ついでに4649お願いします♪

Amazon検索

インフォメーション

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

マーケット情報

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。