2010・07
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/07/12 (Mon) ダンナがにわかアーティストになる日・後編

前回からの続きです。
続きもののくせに一日空けちゃってゴメナサーイ(B風味)



フェイスペインティングのアーティストB(ダンナ)の最初の
被害者 お客さまとなった男の子を連れたママ、
「ハートをほっぺに。」という要望で
早速描き始めたB、
ハートとおぼしき枠の内側を何度もヌリヌリする様子に耐え切れず
トイレに立った私が数分後戻ってきて見たのは



まだ枠の内側をヌリヌリするB
そしてヌリヌリされるママ

                        や、やめてあげてっ


よく見ると
濃いピンクの内側に薄めのピンクを加えたらしい。。。ビミョ~

しばしの沈黙の後、
なにをヨシとしたのかBが終了を告げました。
アウトラインがいまいちハッキリしない うすらハート。。。あぁ、申し訳ございません
ママは「Thank you.」と言うと
すぐお隣のアクセサリーのお店の鏡でチェック。。。
ドキドキドキドキ



ママ、
 ・・・無言 そして去っていきました。


だ、だよな~ だよね~
でも、怒られなかっただけよかったよ~
もう、出来ればもう誰も来ないでくれーっ


しかし、そんな私の願いも虚しく
更に母娘ペア登場。

 ママ「ハ~イ!
     このコにを描いてくれる?」

いきなり象をご指定だっ なんでだ~?

 B「お安い御用♪」 ←おまえって人は。。。


と、女の子を抱っこしたまま母親が椅子に座ると
突然泣き出す女の子!


 ヨシッ!いいぞ~、グッジョブ女の子~!

それにしても小さい子はこういうのを怖がるコが多いんですね。
それか何かを察知してなのか?!
この後も2人くらい泣き出して出来なかった子がいました。 私の念が通じたの?!

さて、次に現れたのは7~8才くらいの女の子とママ。

 ママ「おいくらで描いてくれるの?」

 B「タダですよ。そのかわり小さいワンポイントの絵だけです。」
                   *もともと無料のサービスです。
あ、自分の力量を思い知ったのか?! 突然ワンポイントに!

 ママ「じゃあ、なにがいいかしら~。なにがいい?」

お嬢に聞くママ。

 お嬢「う~ん。。。」

 ママ「バタフライは前にやってもらったことあったしねぇ。」

えっ 過去にフェイスペインティング経験済みかいっ

 B「なんでもどーぞ、恐竜とか(←また?!)フラワーとか。。。」

ここで堪りかねたワタクシ、小声で

 「ほら、パンダとか? ね?」

耳の位置はヘンだったけど、一回既に描いてるし、
一応パンダだってわかったし。。(必死

するとお嬢、

 「あ、パンダがいい!」

あ、ヤベっ ほんとにパンダでよかったかなぁ

B、オッケー!と言って筆を取りました。

あああぁー
もうワタクシ生きた心地しなくてよーっ
お、お、おトイレっ!(2度目のトイレ)

私は建物の中をゆっくりまわり用は足さずに戻りました。
どうやら今回は顔じゃなく腕に描いている様子。
そして絵の進捗状況を見てみると。。。



ア、アレ?!



黒いシミ?!


黒一色で微妙な形(水溜りのよう)を塗りつぶしています。
お嬢のママはほかのお店を見に出掛けた様子。

私はたまらず日本語で、

 「ちょっと!何描いてんの?黒先にそんなに塗ったら白がグレーになっちゃうよ!」

そるとB

 「ダイジョーブ、ベイビー。」

と、自信ありげ。
ならと黙って見ている事に。

するとBやっと筆に白を取り、その黒い水溜りのような形の中央に
丸を描きました。

あ、腹かな?

更に足らしきもの。

そして更に耳のようなもの。。。。

ああ、パンダの横向きの図か。。。。。。。。。。。。
 練習のときは顔だけだったのにわざわざ自分でハードルをあげる男


 ってか、あーた!


 色逆じゃね?!








  simba+5421_con.jpg




しかも、腹にはベリーボタン(ヘソ)のバッテンマーク付き
               無言のお嬢。




simba+537_c.jpg



 ・・・タヌキの影絵かっ?!



再再度、堪りかねたワタクシ、


 「あの~、白黒が反対かと。。。」

ここでB、気が付いた!

 「Oh!なにやってんだ!?オレ!」


一瞬、動きが止まったB、
やり直すのか?!と、思いきや


 続行( ̄Д ̄;)マジ?!



そこへお嬢のママ登場。

 「どう?進んでる?」

すかさずB、

 

 「はい、リバースパンダです。」キッパリ
                      ええっ?!ナニそれ??!




 ママ「アラ、かわいいじゃな~い!」



ええええーーーっ???! そんなカンジーっ?!


ママの発言に気を良くしたB、
耳と足の白い部分が滲んだ状態(修正しろYo!)のリバースパンダの
ベリーボタンを更に黒で濃く描き、




 終了ーっ! ピーッ!



お嬢は若干首をかしげながらお帰りになりました。


ああ、もう帰りたい


すると間髪いれずに女の子たち大小が5人やって来ました。
実はワタクシ、ヒマな時間に自分の腕にバタフライを描いて遊んでいたのですが
それがその女の子たちの目にとまったらしく
「私も彼女(私)と同じく腕にバタフライを描いてー!」と
一人だけ顔、4人は腕にバタフライを描くことになりました。

Bは私の腕を横目でチラ見しながら
丁寧にヘタクソなバタフライを仕上げていきました。
でも、5人もいたので時間がかかり女の子も待ちきれなくなって来た様子。
とうとう見かねたワタクシ、
「なんでしたらお手伝いしましょうか?」とBにオファー。

そして夫婦にわかアーティスト稼動。
やってみると難しかったものの、明らかにBよりうまいワタクシ。ええ、本当です。

最後に自分の名前を入れたい、というコに
無理矢理、日本語で書いてやると、カタカナで名前を入れてあげました。
どーだ、神秘的だろ?アメリカ人。




  simba+541_conv.jpg ポーズがいいでしょ?





ところが
私が2人目、Bが3人目の蛾のような蝶を仕上げにかかったとき
突然カミナリと共に大雨が。

屋根のあるところでしたが
雨の勢いがすざましくなんとか全員で雨の当たらない奥にズレながら
なんとか最後のコを終了。

それと同時に一段くぼんだ広場のイベント会場は
雨がセキを切ったように流れ込んで来てしまい
全ての店が文字通り



 撤収 することとなってしまいました。


まだイベントが始まってから3時間かそこらというところ。
まだなにも売れていないお店も多いようでちょっと残念でしたが
個人的には。。。





 早く撤収できてマジよかったよー 
                            さんきゅー、ジーザス♪


しかも、驚いたことに誰からもクレームは出ませんでした。ミラコーです。
なんて運の良い男なんでしょう、この人は。


帰ってからも、本人は相当楽しかったらしく
この日を振り返っているご様子。 あたしゃ、グッタリだYo!

が、「ひとつ反省することがある。」とB。。。




 ベリーボタンのバッテンを丸で囲まなかった





 そこかYo!




人気ブログランキングへ ← 今日も私を応援して下さい。ポチッとね。

スポンサーサイト

出来事 | trackback(0) | comment(18) |


| TOP |

プロフィール

シンタ

Author:シンタ
日米遠距離恋愛を経て2008年秋に結婚・渡米しました。
ひきこもりアラフォー主婦inボストン。
(コンビニのおばさん始めました)
アフリカンアメリカンなダンナB,猫シンバさんとのおバカな毎日やカルチャーショックなどをダラダラ語ります。


← click!
ついでに4649お願いします♪

Amazon検索

インフォメーション

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

マーケット情報

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。