2017・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/07/24 (Fri) 今、全米で最も不運な男

今、ボストンでは(というよりは全米で) ある事件が問題になっています。

ハーバード大学のある黒人の教授が逮捕された事件です。
この教授はTVにもたまに出る有名な人だそう。
逮捕されたのはケンブリッジの自宅の敷地内(ウチからも車ですぐの場所です)。
そしてこの逮捕理由がなんともバカげているのです。

外出から帰ってきた教授、
自宅のドアを開けようとしたら開かなかったとか、
裏に回りそこから入ろうとすったもんだしているうちに
不審者と思われたのか近所の人に通報されてしまい、警察が来る騒ぎに。。。

と、ここまでは、まぁ運悪かったねーレベルなのですが、
この場合、警察が来て教授は事情を説明し身分証明もしたのにもかかわらず
なんと逮捕されてしまったというのです。

警察署まで連れていかれ事情聴取でやっと疑いが晴れ、
警察側も誤りを認め、教授は釈放されましたが 逮捕された記録は残るとか。
教授は警察を許さないと言ってるそうです。(そりゃ許せませんよー)

ちなみに教授を逮捕したのは白人の警察官。
当然 人種差別問題に発展しています。
そして更にオバマ大統領のこの件に対しての発言にまで飛び火、問題になっているのです。

私の英語力では全てを理解できませんが、
オバマさんはこの件について意見を求められた際に
コメントの中で、「警察の行動が愚か( stupidly )だったんでしょう?」的な
ことを言ってるのですが、この「stupidly」発言がへんにフューチャーされ
今ではこっちの方がビッグニュースになっているんです。
今日のニュースで何度このシーンを見たことか。。。

アメリカ初の黒人大統領ということでその全てが注目されるオバマさん、
マスコミはオバマさんがなにかやらかすのを待っていたと言わんばかり。
私には粗を探しているようにしか見えません。
今回の件はまさにここぞとばかり。。。運が悪い。


アフリカンアメリカンのB(ダンナ)と結婚し、ここボストンに嫁いで来て
実際に人種差別を受けたり目の当たりにしたことはないのですが、
マサチューセッツはアメリカの中でも白人色が強いそうで
Bが子供の頃は公共の施設でも黒人は差別されていたといいます。
たとえば、バス。前の方は白人、黒人は後ろに乗らなければいけない。
また、殆どの学校では正面の入り口を白人が使い黒人は裏の出入口と決められていたそうです。
Bが子供の頃というとほんの30数年前。
信じられません。
アメリカにおける人種差別問題は私たちには理解できない程
根強いものなんだと考えさせられます。

それから気になるのは、ことの発端となったこの白人警察官。
マスコミによるインタビューで思いっきり顔出し状態にもかかわらず
謝罪しないのですか?の問いかけに
「謝りません。」と言い切ってますが、なんでなのでしょう?
疑問です。



さて、
Bが先日、すごい剣幕で帰ってきました。
まず、駐車違反の切符を切られたそう。
さらにレッカー移動される寸前だったとか。
あわてて止めに入り、切符を切った女性の係員に掛け合ったのですが
その女性はフンと鼻で笑い、レッカー移動の作業を止めなかったそうです。

はい、キレました、B,
その場でまくしたて係員の女性の上司みたいな人が来る騒ぎに。
結局、その上司みたいな人が「車は返してあげなさい。」と言って
くれ、駐車違反だけの罰金だけで済みました。

そして翌日、しんなりして帰ってきたB。
なんと、また切符切られたっつーじゃありませんか?!

帰りにいつもと違う小道を走っていたB、
途中で知り合いに会い、車を停車してほんの1~2分話したそう。
その後再び運転していると、同じ小道でまた知り合いに会いおしゃべり。
すると後ろから車が来たので話しを切り上げ走り出し、大通りに出た途端
サイレンを鳴らした覆面パトカーに止められ違反切符を切られたのです。

違反の内容は、進路妨害と騒音(BGMのボリュームが大きすぎ?)とのこと。
でも、音楽はパトカーのサイレンを聞いたときには止めていたし、
進路妨害についても、一度目に停車した時は後ろに誰もいなかったそう。
二度目に止まったときに後ろから来た車がその覆面パトカーだったのですが
Bはすぐ発進しており何分も待たせてはいないといいます。

そうとう反論したようですが、今回は聞き入れてもらえず。。。
それにしても、切符を切られるほど悪質なことはしてないはず。
どうもドラッグディーラーと疑われたように思われます。
小道で小刻みに停車する怪しい車と思われたのでしょう。

頭に来たのはその罰金額、進路妨害$150、音楽$50 合わせて$200ですよ!
Bは払わないと言ってます。
延滞料で膨れるだけだと思いますけどね。

そして極めつけはその帰り、
走りだすと右前のタイヤからカンカンと音が。。。



でっかいクギ踏んでんじゃんっ!

タイヤ交換を強いられるハメになったのでした。

君って人は。。。

今、彼は間違いなく全米で最も運の悪い男と言えるでしょう。(いや、3番目かな~)


ぁ、P.S. Bのこの不運な出来事に関わったのはいずれもアフリカンアメリカンだったそうなので、人種差別とは全く関係ありません。ただ運が悪いだけ~。痛い男です。

人気ブログランキングへ ← 運の悪い男の妻にポチッと応援お願いします。

スポンサーサイト

ダンナB | trackback(0) | comment(4) |


<<備えた方が憂いはないよね~ | TOP | 万国共通固定概念>>

comment











管理人のみ閲覧OK


NO TITLE 

私もその記事読みました。警察から言わせると,教授の態度が悪かったからとかって言っているそうですね。
でも、警察の態度も悪かったのではと思いますよ、ほんと。
警察も引き下がりが出来なかったのでしょうか。駐車違反、デュークも毎年のようにしています,,。もう,市への寄付と思って諦めていますよ、とほほ。
でも,続けてそんなことになるのは運が悪いです、、。

2009/07/24 19:56 | わくわくドキドキ [ 編集 ]


Re: NO TITLE 

> 日本でもニュースになってます?よね。
こっちはもう3~4日、この話題で持ちきりです。
この白人の警官の単独インタビューまで。。。日本とは違いますねー。
人種が絡んで来るのもアメリカならではだと思います。

B、そうとう不運でしょ?次元がちがいますけどねー。ベロっ。

2009/07/24 22:11 | シンタ [ 編集 ]


管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/07/25 11:19 | [ 編集 ]


Re: nAmeさんへ 

もう救いようのない運の悪さです。
そんな男と結婚した私って。。。

FC2ブログ開設おめでとうございまーす♪
さっそく拍手してきました。
これからも楽しみにしてますよー。

確かに動物虐待も許せませんよね。
そーゆーことをしたヤツは同じことをして痛みを思いしらせたい、と常日頃からおもっているSな私です。

2009/07/25 19:45 | シンタ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://shintakr3.blog23.fc2.com/tb.php/118-7905fde7

| TOP |

プロフィール

シンタ

Author:シンタ
日米遠距離恋愛を経て2008年秋に結婚・渡米しました。
ひきこもりアラフォー主婦inボストン。
(コンビニのおばさん始めました)
アフリカンアメリカンなダンナB,猫シンバさんとのおバカな毎日やカルチャーショックなどをダラダラ語ります。


← click!
ついでに4649お願いします♪

Amazon検索

インフォメーション

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

マーケット情報

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。