2017・06
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/01/16 (Sat) 別れのワケは?

前回の記事
Bパパ(ダンナのお父さん)の元カノジョと義両親の不思議な三角関係につて
触れましたが、ちょっと補足させていただきます。

この白人の元カノと黒人(アフリカンアメリカン)のBパパが
付き合っていた時期と言うのは今から約30年前、
パパとママ(Bのステップマザー)が一度離婚して離れていた時期だそうです。
(パパとママの愛の軌跡はコチラ

さすがに出会いとかきっかけまでは情報収集ができませんでしたが(忠さん気取り)
2人の仲はとてもイイ線いってたらしく、結婚する勢いだったそうです。
パパの息子であるBも、元カノに懐いていたそうで
「この人が次のお母さんになる人かも。」と思っていたんだとか。

結局2人に別れがきて、しばらくした後、現ママとよりを戻すことになるのですが、
なんでパパと元カノは別れることになったのか?
ざっくりとBから話を聞いたときにはそこまで聞きませんでした。

そして、先日のママとの会話のときに初めて聞いたのです。
本当に結婚するつもりで話が進んでたパパと元カノ。
なんと
彼女のご両親から大反対を食らってしまったのです。
ママよく知ってんなぁ~

裕福な家庭に育った白人の女性と
バツ2(Bの実の母との離婚、現ママとの離婚)で2人の子持ちの黒人。。。

客観的に見ても反対されるだろーね、とは思っちゃいますよね。
子持ちのバツ2男というだけで十分キツイところ。
でも、ママの話によるとその彼女の親が反対した最大のワケは
黒人だから なんだとか。

30年前とはいえ、これが現実なんですねぇ。
そういう現ママ(メキシコ系アメリカン)も結婚の際はやはり家族に反対されて、半ば家出同然に
嫁いできたらしいです。
(ママのお父さんは数年後にやっと認めてくれたそう)

私の場合は両親が他界してからの結婚でしたし、
40過ぎてたので2人の姉も「OK、OK行っといで!」ってカンジ?!
・・・いやいや、日本を離れるにあたっては2人も(ってか私も)
一抹の寂しさは当然ありましたが、どこにいても幸せならば、と。。。

・・・・ああ、なんだか
人の話をしていたのに自分の家族のことを振り返ってしまいました。

家族にはホント感謝してます。

お姉ちゃんたち~、ありがとねん
                        どさくさまぎれにこの場をお借りして


ちょっと脱線しましたが。。。

そんなワケで別れてしまったパパと元カノ。。。
お互いキライになった訳でもなく、泣く泣く下した結果だったので
ママとしては、今でもtelしてくる元カノのことが煩わしくてしょーがないようです。

・・・お察しします。

でも、元カノの方もパートナーがいながら今でも忘れられない、未練タラタラ。。って

やっぱスゲェ。 色んな意味で。





さて、

昨日、ブルックラインにあるタイ料理のお店に行ってきました。
いつもブログにコメントくださる元ボストン在住の方から教えていただいた
手ごろでおいしいお店。

 『Rod Dee Thai』

 rdtr1_convert_20100117121624.jpg rdtr2_convert_20100117121718.jpg


  rdtr4_convert_20100117121823.jpg
  Pad Thai と ブロッコリとエビのブラックピーンソース スープはホット&サワースープ


久々のタイ料理、ウマウマでした~。
7~8テーブルくらいの小さなお店で、テイクアウトする人も多数。
私たちがいた1時間弱、とっても人の出入りが多い人気のお店でした。
財布にもやさしく、
私たちの食べた写真の料理の他にテイクアウトのビーフレッドカレーを
入れても、$30以下とお手頃でした~! dolceさん、ありがとーーーっ♪



 rdtr3_convert_20100117121904.jpg

  Bも満足~!。。。。って



 その大げさな 帽子を脱ぎなさいっ チミは~。

           通気口の真下で超寒かったんだって~。





人気ブログランキングへ ← 今日もポチッとよろしくど~ぞー♪

スポンサーサイト

とりまく人達いろいろ | trackback(0) | comment(6) |


<<ゲイの集い | TOP | 渦巻くジェラシー@我が家1F>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

ブラックだから。。。とても切なくなるような現実ですね。
パパさん辛かったでしょうね。
パパさんもダンナ様同様(反対か!?)やさすぅい方なんですね。

結婚は家族も関係してくるけど、当人同士が良かったら結果オーライじゃんっっ!!て思う自己中な私です。

でも今パパさんは幸せなんですよね?
元カノの誘惑にも負けずっ!!
がんばれパパさん~!!

2010/01/16 23:21 | NEVERMIND [ 編集 ]


 

シンタさん、チャオ~♬
日曜まったりネットサーフ中、ちょうど記事がアップされてたので、ラッキー!と思って読んでたら、
おぉっと懐かしのロディーが!わー、食べに行ってくれたんですね!うれし~!
秀樹感激!(ちびまるこちゃんか?) ボストン時代の友達に自慢しちゃおーっと!
しかも、B様のかぶってる帽子、私も同じタイプの持ってます!(丸顔で帽子がぴったり頭にフィットする私に、絶対似合う!使わなくてもいいから、と姉が勝手にJcrewで買いました。笑)

前回に引き続き、お父様とお母様の歴史については、私も最近色々家族について考えちゃいます。
前も書かせてもらったように、人生色々あって、くっついたり別れたり、泣いたり笑ったりあるけど、
最後はなるようになるって気がします。あと、感謝の心を大切にしとけば、、ね?

シンタさんのお姉さん2人も、優しくて素敵な感じがします!きっとシンタさんみたいに、お綺麗なんでしょ~ね :)

2010/01/17 01:10 | dolce [ 編集 ]


 

親からすると大人としての判断と
娘の幸せを考えての反対だったんでしょうけど
苦労しても一緒にいられて幸せな人と、堅実に生きて
確実な幸せを享受することに幸せを感じる人とでは
また違ってくるんでしょうね
Bパパの元カノはどうなんだろうなぁ
ところで、Bさんの帽子とおんなじような大げさなの
ウチの夫も持ってます
毎日会社にかぶっていきます
ロシアから出勤してきたの?と時々聞かれるそうです

2010/01/17 13:27 | はとこ [ 編集 ]


Re: NEVERMINDさん 

> ホント切ないですよねぇ。
私も本人同士がよければいいじゃん派です。
ま、その人と結婚しちゃってたら現ママとの再婚もなかったわけで。。。
不思議なご縁です。

元カノはどうか不明ですがパパは今のママとラブラブなのでよかった。ということにしておきましょ。

2010/01/18 02:09 | シンタ [ 編集 ]


Re: dolceさん 

> dolceさーん!RodDee おいしかった~!
Bも気に入っちゃってもっとウチの近くだったらタイクアウトでもっと使うのに、っていってました。
また行きますよ~。いいこと教えてくださってありがとうございました。

義両親の歴史、色々考えちゃいますよネェ。
今回は姉のありがたみをしみじみ感じました。
ちなみに容姿は全員十人並み。。。?
人の人生ってなにがあるかわかんないもんですがdolceさんの言うとおり
最後はなるようになるのかな、やっぱり。

あの帽子、持ってるんですカー?!フフフ
すごいけどボストンでは馴染んじゃいますね。

2010/01/18 02:22 | シンタ [ 編集 ]


Re: はとこさん 

> おっと、はとこさんの旦那さまもおおげさ帽子友達?
私もはじめてBのこの帽子を見たときはロシアかっ?!ってツッコミました。
まぁ、寒いですからねぇ。ええ、ええ。

パパの元カノ、どっち派なんでしょうねぇ。
今のパートナーとほんとにうまく幸せにやっていればこんなにパパに固執しないと思いますけど。
いや、普通に幸せゆえに過去の可能性に思いをはせちゃうのかしら?

2010/01/18 02:36 | シンタ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://shintakr3.blog23.fc2.com/tb.php/250-2df7737d

| TOP |

プロフィール

シンタ

Author:シンタ
日米遠距離恋愛を経て2008年秋に結婚・渡米しました。
ひきこもりアラフォー主婦inボストン。
(コンビニのおばさん始めました)
アフリカンアメリカンなダンナB,猫シンバさんとのおバカな毎日やカルチャーショックなどをダラダラ語ります。


← click!
ついでに4649お願いします♪

Amazon検索

インフォメーション

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

マーケット情報

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。